Archive for 10月, 2014

14/10/01 セックス調査@英国

Published by 熊篠 慶彦 on 10月 1st, 2014

今年もあと3ヶ月になりました、熊篠です。

なんか物悲しいんで…、年度の後半戦がスタートです! にします。

数日前、英国・ガーディアン紙にセックス調査が載ってました。
British sex survey 2014: ‘the nation has lost some of its sexual swagger’(新窓)
セックスに関する調査自体は珍しくありませんが、その調査項目に「身体障害者とヤッたことがあるか?」というのがあるのはかなりレアなはずなんで、メモ的に書いておきます。

原文、中段あたり
Have you ever had sex with someone with a physical disability?
Yes = 7%
No, but I would not rule it out = 50%
No, and I don’t think I would = 44%
44% of Britons would not consider having sex with someone who had a physical disability, 50% would not rule out the possibility, while 7% have already had sex with someone with a disability. We have seen an increase in the numbers who have had sex with someone with a disability since 2008, when 4% reported they had. More striking is the large-scale change in attitudes towards the issue since 2008, when 70% of Britons said they didn’t think they would have sex with someone with a disability. Men (10%) are more likely than women (4%) to have already done this, but there is little difference between the genders attitudinally.

グーグル翻訳:
あなたは今までに身体障害を持つ人とセックスをしたことがありますか?
はい= 7%
いいえ、しかし私はそれを排除しないだろう= 50%
いいえ、私は思わない= 44%
7%は、すでに障害を持つ誰かとセックスをしたきたが、50%は可能性を排除しないと、英国人の44%が身体障害を持っていた人とセックスするのを考えていない。私たちは、4%は、彼らが持っていたと報告、2008年以来、障害を持つ人とセックスを持っていた数の増加を見てきました。より印象的には、英国人の70%が、彼らは障害を持つ人とセックスしたいとは思わなかったと述べ、2008年以来の問題に対する態度の大規模変更です。男性(10%)はすでにこれを行ったのは、女性(4%)よりも可能性が高いですが、attitudinally男女の間にはほとんど違いがあります。

おしまい。