利用までの流れと費用

利用までの流れと費用

・利用希望者、サービス提供者ともに賛助会員として登録
・身体状況のアセスメント
・身体障害者手帳や要介護度認定書類の確認とコピー
・ケアプラン作成
・サービス提供開始
※現在は都内と神奈川の一部地域のみです

性的環境支援コーディネータは、介護福祉士、看護師などの有資格者のみ。
性的介助士(プロパー)は別途研修します。

ノアール会員

自助具制作
孫の手ローター:およそ500円程度 ※孫の手、ローター含む
バイブレーター用リストバンド:およそ3000円程度 ※バイブレータは含みません
テンガエッグ挿入用自助具:およそ100円程度/10個
テンガカップ用カフ:およそ1000円程度
※個別対応により、費用は多少上下します

マスターベーション介助(直接介助)
1時間:4800円(陰部洗浄、テンガエッグ、通信費雑費、※交通費込)
※交通費は性的介助士の現住所から公共交通機関の利用で片道約1時間程度の範囲

ノアール会員以外の方は、自助具制作、マスターベーション介助ともに約2倍の費用を申し受けます。

マスターベーション介助(直接介助)
1時間:10000円(陰部洗浄、通信費雑費、※交通費込)
※テンガエッグは実費となります
※交通費は性的介助士の現住所から公共交通機関の利用で片道約1時間程度の範囲

注)マスターベーション介助は基本的にコンドームまたはテンガエッグ、ゴム手袋を使用します。
これは利用者、プロパー双方の感染症予防ですので、ご理解下さい。
テンガエッグを使用しない場合でもコンドーム、ゴム手袋を使用します。

将来的に想定していること:
メール予約ではなく、電話による迅速対応
性風俗店、成人映画館への同行介助(ガイドヘルプ)
身体障害者同士のカップル、夫妻の性交介助
1コイン(500円程度:1割負担)での直接介助サービス提供

参考動画
利用までの流れと費用
問い合わせ・利用申込み

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 利用までの流れと費用
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed